完結

不幸だったから

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2022年1月25日

不幸だったから

第1章


私は親に虐待されて育ちました。

母親に頬を叩かれ足を蹴られ罵声を浴びせられました。

ただひたすら「ごめんなさい」と言いながら泣きました。

ある時、何もかもが嫌になって感情がなくなりました。その反応は母親の怒りを買いました。暴力が終わりません。
だからやっぱり泣いて「ごめんなさい」と言うしかありませんでした。

家族は誰も助けてくれませんでした。

ある時、ステージで泣いている私を舞台装置の上から見ている存在に気がつきました。

痩せたピエロでした。
私を見て「かーわいそー」と言ってケケケと笑います。

それから私はあまりに辛い時はそのピエロになりました。

全部ピエロになる事はなかったけど、心の何割かそのピエロになると少…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年1月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

3分

コメント

15

リアクション

37

関連作品

このページの内容について報告する