完結

どろん スルー

ホラー・サスペンス

更新日:2019年7月29日

どろん スルー

第1章 こちらはモノコン2019「オムニバスホラードラマ賞」参加作品 読み切り 全一話 ホラードラマ 本文

担任教師がホームルームの終了を告げ、クラスメイトは動揺を声にして教室を出る。女子校の廊下の隅々から小さなざわめきが産まれ散らばって行く。それは散る花びらのようで、瞬く間に噂へと変化してネタになる。そのネタが集まる場所が女子トイレ。私たちにとっては喫茶店のようなところ。止めようもない噂の残骸は今度はスマホの話題になリ炎上し始める。

わたしは一人教室でSNSのサイトを開けてみる。案の定さっきの話は、大きな怪獣になって暴れ出し火を吹いていた。

【リリ、担任にチクったんじゃない】

わたしはともかく、自分のことが書かれていないか心臓をバクバクさせながら話題を舐め尽く。

ーー書かれてない。ほぉっ

 確かに、リ…

もくじ (7章)

修正履歴
  • 第1章 こちらはモノコン2019「オムニバスホラードラマ賞」参加作品  読み切り 全一話 ホラードラマ 本文 第1章 こちらはモノコン2019「オムニバスホラードラマ賞」参加作品  読み切り 全一話 ホラードラマ 本文

    第1章 こちらはモノコン2019「オムニバスホラードラマ賞」参加作品 読み切り 全一話 ホラードラマ 本文

    2019年7月12日

  • 第2章 ーーーーーホラードラマ 登場人物ーーーーー 第2章 ーーーーーホラードラマ 登場人物ーーーーー

    第2章 ーーーーーホラードラマ 登場人物ーーーーー

    2019年7月17日

  • 第3章 連載用   第1話   七曲 サヨのヒミツ 第3章 連載用   第1話   七曲 サヨのヒミツ

    第3章 連載用 第1話 七曲 サヨのヒミツ

    2019年7月18日

  • 第4章 第2話   お袋の味付け居酒屋は、七曲 サヨの親がやってる店だった。怪しいったら仕方ないっしょ! 第4章 第2話   お袋の味付け居酒屋は、七曲 サヨの親がやってる店だった。怪しいったら仕方ないっしょ!

    第4章 第2話 お袋の味付け居酒屋は、七曲 サヨの親がやってる店だった。怪しいったら仕方ないっしょ!

    2019年7月21日

  • 第5章 第3話  コトミの彼氏。あの男には見えるんだ!なんでぇ? 第5章 第3話  コトミの彼氏。あの男には見えるんだ!なんでぇ?

    第5章 第3話 コトミの彼氏。あの男には見えるんだ!なんでぇ?

    2019年7月23日

  • 第6章 新メンバー オリジナルグッズ企画制作担当 キッペーちゃん 第6章 新メンバー オリジナルグッズ企画制作担当 キッペーちゃん

    第6章 新メンバー オリジナルグッズ企画制作担当 キッペーちゃん

    2019年7月27日

  • 第7章 サヨも担任もフレームの細いメガネをはめてたぞ!それに秘密がありまくりじゃん。(^ ^) 第7章 サヨも担任もフレームの細いメガネをはめてたぞ!それに秘密がありまくりじゃん。(^ ^)

    第7章 サヨも担任もフレームの細いメガネをはめてたぞ!それに秘密がありまくりじゃん。(^ ^)

    2019年7月29日

作品情報

あらすじ

ある女子校。担任がリリの噂についてホームルームで注意し終えたところから始まる
この女子校の噂の発信源は喫茶店のような女子トイレ。誰が名前をつけたのか女子トイレを喫茶ジュバックと言った。
トイレの個室は個室席。洗面所は、カウンター席と呼ばれ、個室席はカウンター席から聞こえてくる噂話を盗み聞きする最高の席。
ナナが個室席で聞き耳を立てていると隣の席にリリがいた。リリはジュバックの店長であることを告げる。ナナは見えなくなれば噂もされないと言う
リリは帰ってしまうが、リリのイタズラでナナは個室席に閉じ込められてしまう。
次の日の朝にようやく脱出に成功するのだが、何かが違う。
ナナは、周りからは見えなくなっていた。自由になったと喜ぶナナ。遊びに行く途中の交差点でリリに会う。どうも、リリとナナだけが冥界にいるのだ.。

物語へのリアクション

お気に入り

9

読書時間

17分

コメント

78

リアクション

329

関連作品

このページの内容について報告する