完結

タナトスの誘惑

恋愛

更新日:2019年7月13日

R-15

タナトスの誘惑

第1章

8月15日。もうとっくに日は沈んだというのに、辺りには蒸し暑い空気が漂っている。
マンションの階段を駆け上がる僕の体からは、汗が止めどなく噴き出していた。

「さよなら」

たった4文字の彼女からのLINE。
それが何を意味しているのか、僕にはすぐに分かった。

御盆の時期にも関わらず職場で仕事をしていた僕は、帰り支度をしたあと急いで自宅のあるマンションに向かった。
そして、マンションの屋上、フェンスの外側に、虚ろな目をした彼女が立っているのを見つけた。



飛び降り自殺を図ろうとする彼女の姿を見たのは、実はこれでもう4回目だ。

世の中には2種類の人間がいるという。
生に対する欲動──「エロス」に支配される人間と、
死…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年7月13日

作品情報

突然理想の人が現れたら、ご注意を。

物語へのリアクション

お気に入り

1881

読書時間

5分

コメント

393

リアクション

166538
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する