完結

人生最後に君が望んだ景色を

子供向け・児童文学

更新日:2019年7月21日

人生最後に君が望んだ景色を

第1章

内緒だよ。

その言葉を今でも僕は覚えている。

絶対に忘れないだろう。

僕の一週間だけの友の最後の言葉を忘れるわけがない。

──

人のいない山奥で木から垂れる樹液をめがけて木に登る一つの黒い影がありました。

クワガタです。

「マジしんどいわ。ずっと土の中にいたから全身がバキバキなんですけど。」

クワガタが樹液にたどり着くとそこにはすでに先約がいました。

「あんたもこの樹液を舐めにきたのか?」

「まあな。ってあれ?この声ってもしかして『ツーノ』?」

「えっ!もしかして『ガータ』?」

クワガタのガータが出会ったのは幼虫の時に土の中で一緒に遊んでいたツーノでした。

「元気?」

「まあまあかな、全身が痛い。」

「わかるわー…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年7月21日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

8分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する