完結

好きな後輩への愛を綴った裏アカが後輩に見つかる話

更新日:2018年7月29日

好きな後輩への愛を綴った裏アカが後輩に見つかる話

第1章

「……このアカウント、知っていますか?」

 黒いブレザーの制服の裾から、白い指だけがちんまりと出て、飾り気のないスマートフォンを握っていた。

 高校で背が伸びるからと、親を説得して買ってもらった一回り以上は大きい制服。
 それに身を包んだ背の低い少女は、こてりと首を傾げて一歳違いの男子生徒に尋ねる。

 スマートフォンの画面に映されているのは、誰でも知っているような人気のSNSアプリのページだ。

「先輩? ……アカネ先輩、聞こえてます?」

 男子生徒、アカネの耳に少女の声は届いていなかった。
 アカネが吐き出した吐息は嫌に熱く生々しい。 気にしたこともない息の熱や、血の巡り、心臓の音。
 こてんと傾げられた少女の可愛らしい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年7月29日

作品情報

妙なテンションのラブコメ短編

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

17分

コメント

1

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する