完結

叱られ代行承ります

更新日:2018年7月30日

叱られ代行承ります

第1章

「叱られ代行、承ります?」

 僕が見たそのチラシには確かにそんなことが書いてあった。
 スーパーの安売りに紛れて入っていたこの折込チラシ曰く、これは理不尽に叱られる人を救いたいという願いから立ち上げられたベンチャー企業の提案らしい。
 なるほど確かに、キツい『お叱り』は僕だって受けたことがある。今の職場だってそうだ。
 「若いんだから」「結婚もしないくせに」「根性が足りない」――。
 そんな『お叱り』を何度受けたことか。

「……」

 そういった背景があったからこそ、僕はこの叱られ代行なるサービスが気になったのだと思う。
 僕は迷うことなく電話を掛け、謎の企業へと足を運ぶことにした。



 ――。

「ようこそいらっしゃいま…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年7月30日

作品情報

そこにはある異能を活用して生きる集団の姿があった――。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

12分

コメント

2

リアクション

4
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する