完結

10minutes voice ~妹が劣等生で、俺は阿修羅をも凌駕する存在だ~

お仕事

更新日:2019年8月4日

10minutes voice ~妹が劣等生で、俺は阿修羅をも凌駕する存在だ~

第1章

10minutes voice ~妹が劣等生で、俺は阿修羅をも凌駕する存在だ~

ペンキが剥げかけたアパートの扉を開けると、男の一人暮らし特有の臭いを三倍濃縮した香りが鼻をかすめた。リビングでは、そこそこがたいのいい男二人が、各々好き勝手寛いでいる光景が目に入り、疲れたバイト終わりで些細なことにも腹が立った。
「おい杉多ァ!勝手に俺のネオジオ使ってんじゃねぇよっ!あと、変な猫なで声で従姉妹と電話してんじゃねぇよっ!ベランダいけ梶多ァ!」
若者たちが夢を追う町、東京の家賃月12万のアパートに、男三人でシェアルームをして住んでいる。仲のいい友人二人だが、プライバシーの欠片もない部屋で日々喧騒は絶えない。日々…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月4日

作品情報

まだ芽の出ていない声優が、オーディションで色々な役に挑戦する話。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

20分

コメント

3

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する