完結

文章漫才:異世界勇者

更新日:2018年7月30日

文章漫才:異世界勇者

第1章

空也:はいどうも、よろしくお願いします。
   僕、本当は異世界に転生したいんだけど、
   それはさすがに無理だから異世界勇者と繋がりたいんだ。
   で、いざ繋がった時の予行練習したいから、
   田中は異世界勇者の役をしてくれないかな。
田中:いいですよ。
空也:やった! じゃあ早速お願いねっ!
田中:やぁ。
   (と言うと、肩に大砲が出現する)
空也:肩大砲側の異世界勇者! もっと剣と魔法の異世界勇者がいい!
田中:でも、大砲から『トンネル開通おめでとう』と
   書かれた大きな布を出しますよ。
空也:記念式典のくす玉か! 市長が開けるヤツか!
田中:(肩の大砲の銃口が、光り出す)
空也:発射準備し始めた! いいよ!
   トンネルは開通していない…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年7月30日

作品情報

テキストでしか表現できない漫才です。
下ネタはありませんので、気軽に、かつ、安心してお読みください。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する