完結

悪性のシャーロキアン

その他

更新日:2022年3月4日

悪性のシャーロキアン

第1章


「安心してください。純然たる好奇心です。ヒーローかダークヒーローか。
ゴエモンさんに興味が湧きました。」


そう言うと咲希はニコッと笑いながら俺にハンカチを差し出した。


あんな言葉を俺に投げかけておいて、カバンの中にある使い古したハンカチを俺が忘れたことも、備え付けのペーパーが切れていて手を拭けずにいたこともお見通しか。


「あ、え? あ、あ、ありがとう」


俺は狼狽えながらもハンカチを取り、手を拭った。喉がきゅっとしまり、唇まで乾いていく。咲希の差し出したふわふわのタオルハンカチは、俺の身体中の水気を全て奪っているかのようだった。


「それ、ゴエモンさんに貸すので、今度会う時返してくださいね。
 2人で、出来れ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年3月4日

作品情報

ツナグモノガタリー 
第一章 運命のナポリタン の続編として書きました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

10分

コメント

4

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する