完結

初恋は正義の勲章

恋愛

更新日:2019年8月7日

初恋は正義の勲章

第1章

「私、ちゃんと失恋できるかな?」
「う、うーん……」

ああ、こういうときに、はっきりした言葉を返せる男になりたかったなあ。

奈々子。おまえにはずっと俺がいただろ、ってさ。俺、長いあいだ、奈々子だけを見てきたからさ……と、瞳を見つめてセリフを言えば、100パーセント正解なんだろうなあ。

俺と奈々子は、どちらも酒が苦手だ。
ノンアルコール専門の店もあるけれど、今夜は周りの騒ぎにまぎれて、ふたりで話をしたかった。

飲んではしゃぐ人々の雰囲気に、俺たちの気持ちも引っ張られて、来週のあのイベントまで精神が安定するのを期待した。
期待したんだけどなあ。

俺のあいまいな返しは、奈々子に追い討ちをかけたのだろう。
奈々子は…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月7日

作品情報

俺が好きな幼なじみはもうすぐ失恋する。彼女は、俺が抱える【正義】に気づいているのだろうか?

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

8分

コメント

2

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する