完結

りりかは名探偵

更新日:2018年8月2日

りりかは名探偵

第1章

「ただいまー・・・」
猫原民男はクタクタに疲れた顔で玄関のドアを開けた。
彼は探偵事務所の代表をしていて世間的に結構名の知れた探偵でいつも非常に忙しい。
昨夜も働きづめで、ようやく今朝、家に帰れたのだった。
玄関からリビングに向かう。
「りりかー」
彼は大事な一人娘の名前を呼んだ。
しかし返事はなかった。
「まだ寝てるのか・・・」
そう呟きながら民男はふとテーブルに目を落とす。
テーブルには置手紙があった。
民男はそれを手に取った。
「ねこむすめはこあずねかった。かえこねしてほねしければばーねたんていにきなこさい。 ヒント猫を抜け。」
それは新聞の字を切り抜いて作られた不気味な手紙だった。
民男はそれを見た瞬間、手紙をグ…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年8月2日

作品情報

【短編】です。名探偵の猫原民男が仕事帰りに家に帰ると、大事な一人娘のりりかがおらず・・・。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する