完結

アパートの隣人が勇者くさい

SF・ファンタジー

更新日:2018年8月2日

アパートの隣人が勇者くさい

第1章

 最近、どうしても気になって仕方が無いことがある。
 それは……1週間前、隣の部屋に引っ越して来たヤツのことだ。
 まず、挨拶も何も無い。
 最低限の常識があれば、少なくとも両隣に挨拶するのが当然だと思うのだが……って、それはまあこの際目をつぶるとして、どうしても気になって仕方が無い点が1つ。

 隣のヤツ、どうも……勇者くさいのだ!

 勇者くさく思う理由その1。
 ベランダに干してあったマント……!
 最初、シーツかカーテンかとも思ったが、よく見たら完全にマント以外あり得ないサイズ感なのだ。
 しかも、洗濯するペースが異常。
 雨の日以外、ほぼ毎日干してあるっていうんだからもう完全にクロでしょ?
 毎日マントを洗濯する職業なんて…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年8月2日

作品情報

ベランダにはマントが干してあるし、夜な夜な剣を振る音が聞こえてくるし……。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

13分

コメント

2

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する