完結

とある契約のお話

お仕事

更新日:2022年3月16日

とある契約のお話

第1章

「先日、父が亡くなり、母の介護をしなくてはならなくなりまして…」

目の前にいる人事部の人間は、亡くなったのは知っているが、そんなことは自分には関係ないし、会社の業績、いや自分の評価を落とさんでくれよ、とこちらに一瞥をくれてから「で?」と言った。

「ですから、出社時間を調整していただけないものかと…」こちらも食い下がってみるものの、これ以上、その話に興味はないという彼の顔つきに、私の語尾はだんだんと小さくなっていく。

「給与、下がってもいいんだね」と、ばっさり契約の見直しを言い渡された。そんなことを言われると思ってもみなかった。うちの会社は、従業員の働き方に理解を示してくれている方だと思っていた。け…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年3月16日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

8分

コメント

12

リアクション

14

関連作品

このページの内容について報告する