完結

モウン

恋愛

更新日:2019年8月9日

モウン

第1章

僕は首をしめる。
悠々と、毎朝学校に通うように。まるでそれが当たり前の日常であるみたいに。





殺せればいいのに。
そう思いながら。ただ水たまりをのぞき込むように、君の死骸の首を占める。











君は歩く。
たとったとと。

リュックのポッケットの飲みかけのみずを鳴らしながら。
左耳には空色のイヤホン。右耳の分はたゆたゆと宙を舞う。



信号待ちの指先を白い端末におとし、青い目には画面の中の空を写す。





霹靂の中の晴天とでも言うのか。
彼女を見ているとまるで今日が晴天であることを信じてしまう。
汚れた雨は目に見えない。
あおいスカートは緩やかになびく。水の重さなんて消えてしまった。

足首まで水はのぼる。











君は本…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月9日

作品情報

神様からの恋文。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

1

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する