完結

アメニティ

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2019年8月9日

アメニティ

第1章

えぇそうよ。代わりはいくらでもいるのだもの。
ぞんざいに扱ってもいいのよ。代わりはいくらでも用意出来る。だって消耗品なんだもの。

飽きたら次のものに変えればいいの。
そうねそれは捨てちゃえばいい。



大丈夫よ。あなたはその捨てたそれで、綺麗なものが汚染されていくなんて思ってもいないんだから。
あなたのせいで壊れていくものを知らないのだから。

ほら捨てちゃいましょう。大丈夫よ。











あの人は嫌いだ。だって、僕のことを好きみたいだから。
あの人はすき。僕のこと嫌いみたいだから。


ね、僕を見てる。誰よりたくさん。ほらまた。

突き刺すような、まるで鋭い刃物で刺されているみたい。誰より僕のこと考えてくれてる。

深く深く突き心…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月9日

作品情報

いいのよ川が汚れても魚が死んでも。あなたはそれを知らないのだから。

さぁたっぷり使えばいいわ。いらなくなったら捨てちゃいましょう

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する