完結

ビーカーの珈琲

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2019年8月9日

ビーカーの珈琲

第1章

つまらない。生きていることに不満はないが退屈な感覚だけが積もっていく。。眠いと目を開けなかった分の時間で僕はなにを捨てたんだろう。目の前に200mlのコーヒー牛乳のパックがある。ただあるだけ。テレビはつけっぱなしでイヤホンをさして音楽を聴く。掘りごたつには足を入れきらずに座っている。ビーカーの中に筆なんかをつっこんで、何をしようともせずにかき回して泡を潰す。楽しい訳ではないのだが、何もすることがなく、なんとなく手が動いた。タブレットにBluetoothでキーボードをつないで、タイピングの練習なんかをする。片手でキボードを叩きながら、マスカットの皮を割く。設定温度を上げすぎたこたつが熱い。



もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月9日

作品情報

ビーカーの中は真水。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する