完結

元カレと馬

恋愛

更新日:2019年8月11日

元カレと馬

第1章

似た者同士である。私達カップルは。いや、似た者同士であった。先週、突風が吹き抜けたかのように別れを告げられるまでは。

似ているが故に、付き合っている頃は喧嘩が絶えなかった。同族嫌悪に愛情が入り交じった形容し難い感情。火鍋にカフェオレを混ぜたような、いやそれは違うか。

彼は恥ずかしがり屋で、彼の方から「愛してる」だの、「好きだよ」だの、そういった類いの言葉は一切口にしなかった。その結果フラストレーションが溜まり、いつも些細なことから喧嘩に発展してしまった。愛情の言語化とは、精神安定剤のようなものである。

ともあれ、好きだった。繰り返される喧嘩だって、仲直りした後の甘い時間の為のスパイスだと思っていた…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月11日

作品情報

どうも、初めて筆をとった変態です。
特異な体質を持つ女と元カレの変な話です。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

6分

コメント

4

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する