完結

R-15

妻の小説

第1章 1.首吊り村

「奥さん、相当心を病んでおられたようですね……」
彼女のノートパソコンをしばらく見つめて刑事が言った。



扇風機の首の動きに合わせて、ふたつ釦を外してブラウスの胸の谷間に風を受ける彼女のにおいが、横に腰かける僕へと漂う。
堪らなくなって僕は目を閉じて扇風機に向かって言った。
「食べてしまいたいほどに愛しい!歩(アユミ)、僕と結婚してくれ!」
プロポーズの言葉は羽根でかき混ぜられて揺れた。
「私、戸川 歩(トガワアユミ)になれるんだ。ふふっ、うれしい」
僕はその瞬間の彼女の揺れた髪と笑い声を一生大切にして生きて行こうと思った。

僕と彼女は夫婦となり、小さな戸建てを購入し慎ましくふたりで暮らした。



開かれ…

もくじ (3章)

  • 第1章 1.首吊り村 第1章 1.首吊り村

    第1章 1.首吊り村

    2022年4月23日

  • 第2章 2.餃子の皮 第2章 2.餃子の皮

    第2章 2.餃子の皮

    2022年4月23日

  • 第3章 3.ツツミカクス 第3章 3.ツツミカクス

    第3章 3.ツツミカクス

    2022年4月23日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

12分

コメント

18

リアクション

71

関連作品

このページの内容について報告する