完結

落としてしまった愛

恋愛

更新日:2019年8月13日

R-15

落としてしまった愛

第1章

「ねえ、佳奈」

「うん?」

「これからもこんな風にずっと飯作ってくれないか?」

「翔に?」

「うん」

「何それ、プロポーズ?」

「プロポーズだよ」

彼女は蛇口を閉めないまま台所で突っ立ていた。
急なことだから動揺しているのだろう。

「俺と結婚しないか?」

「……ほんとに?」

「ああ」

「……うん!」

「……ああーよかったー。振られたら人生終わるところだった」

「なんでよ」

「佳奈が僕の全てだから」

「うふふ。何それ」

口元を手で押さえて、恥ずかしそうに笑っている。
ああ、なんて可愛いんだろう。ああ、なんて愛しいんだろう。

「じゃあ、鹿島 佳奈から、日比谷 佳奈になるんだね」

その一言は、あっという間に胸の中にある理性を崩壊させ、

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月13日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

5

読書時間

8分

コメント

26

リアクション

38
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する