完結

月刊どのお題にも当てはまらない物語

その他

更新日:2022年4月7日

月刊どのお題にも当てはまらない物語

第1章 1:隣の芝生は青く見える

物差し君が言いました。

「いいな、鋏君は……
紙を綺麗に切ることが出来て」

“羨ましいよ……”と嘆く物差し君に、鋏君は困惑した表情を浮かべて言いました。

「何を言っているんだい物差し君。
僕からすれば、線を綺麗に引ける物差し君こそ、羨ましいよ」

ガックリと肩を落とす鋏君。

二人の表情は、とても辛そうです。

そこで、暫くの間二人は黙って何か良い案が浮かぶまで、ただひたすら待ちました。

どのくらい待ったことでしょう。

「あっ、そうだ!
「えっ、何、何??」

突然声をあげた物差し君に驚き、慌てて鋏君が訊ねます。

物差し君は、ニコッと笑って“良い事を思い付いた!”と、瞳で訴え
「それならお互いの立場を交換してみるというのはどう…

もくじ (1章)

  • 第1章 1:隣の芝生は青く見える 第1章 1:隣の芝生は青く見える

    第1章 1:隣の芝生は青く見える

    2022年4月7日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する