完結

不慈善状態

更新日:2018年8月4日

不慈善状態

第1章

 教室。

 ぼっちは気楽だ。
 だから、そっとしておいてほしい。

 それなのに、話しかけてくるヤツがいる。
 俺は話しかけてくるヤツを無視する。
 すると話しかけてきたヤツは、自分のコミュニティに戻る。

 そのコミュニティの会話が聞こえる。

「何であんなヤツに話しかけんだよ、バァカ」
「いや寂しそうにしてたから」

 してねぇよ、寂しそうになんかしてねぇよ。
 寂しそうになんかしてねぇよ。
 寂しそうになんかしてねぇよ。
 寂しそうになんかしてねぇよ。





 自分の家で曲を作る。
 今日あった怒りをそのままぶつけた曲だ。


<Aメロ1>
恩着せがましい 一撃、発破
ヒトのジョウタイ よく見てますね
お節介丸出し 会心、全滅
ヒトをカワイソウ 認定してさ

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年8月4日

作品情報

ぼっちの話。
最後は力強く進んでいく。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

11分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する