完結

大切なんだ

恋愛

更新日:2019年8月15日

大切なんだ

第1章 焦らさないで

大切にされる事と、焦らさられる事は別だ。
もう暫く、私は大切にされている。
1回目はそれだけで十分だった。
2回目も確かにそれを望んでいた。
3回目も4回目も、おじさんはそれはもう大切にしてくれた。これから先もずっと大切にしてくれるだろう。

でも、私はいつまでも子供じゃないのだ。
「おじさん。」
呼びかければ、タレ目がちな優しい瞳がこちらを見る。そして、何も言わずに、私の次の言葉を待っている。

おじさんの瞳は私をひどく迷わせる。
見つめられると、ひとたまりもない。息苦しくなって、切なくて、泣きたくなる。

「おじさんをもっと頂戴」

おじさんの優しい瞳が揺れた。

もくじ (2章)

  • 第1章 焦らさないで 第1章 焦らさないで

    第1章 焦らさないで

    2019年8月15日

  • 第2章 優しくさせて 第2章 優しくさせて

    第2章 優しくさせて

    2019年8月15日

作品情報

江國香織好きすぎてダメ。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

1

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する