完結

3年G組の結城君

恋愛

更新日:2019年8月31日

3年G組の結城君

第1章 前

俺は今日、この学校に転校してきた。高校生にもなって親の転勤について行くなんてと思われるかもしれないが、前の学校では人間関係で失敗したばかりだったのでちょうど良かったのだ。…まぁ、そんなことはどうでもいいのだ。今の俺にとっては目の前の下駄箱の中の手紙の方がずっと問題なのだから。

なんだ、どういうことだ?確認するが、俺は今日転校してきて、今はその日の放課後だぞ?下駄箱の中の手紙を取り出して、宛先を見たが加藤周様と書かれていて確かに自分に当てたもののようだった。差出人の名前を確認すると結城柚希さんという人からの手紙らしい。いたずらか何かかと思ったが、中を見ると伝えたいことがあるので3年G組のクラスに…

もくじ (3章)

修正履歴
  • 第1章 前 第1章 前

    第1章 前

    2019年8月27日

  • 第2章 中 第2章 中

    第2章 中

    2019年8月28日

  • 第3章 後 第3章 後

    第3章 後

    2019年8月31日

作品情報

このお題で別に物語を書いたのですがそれを従姉妹に見せたらもっと書いてと言われたのでもう一本書きました。

そういえばこの副題は学校一の七不思議にコクられたです。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

18分

コメント

6

リアクション

18

関連作品

このページの内容について報告する