夏の宵、太陽より熱い、君の手を。

恋愛

更新日:2019年8月18日

夏の宵、太陽より熱い、君の手を。

第1章

「お祭り、楽しかったね」
君は淡い水色にアサガオの花が咲いた浴衣に身を包み、歩きながら僕の顔を覗き込んだ。
道路を彩る提灯が揺れる。縁日のおじさんたちは汗をふき、てきぱきと店を片付けている。
僕は君とお祭りに来ることができただけで感激だ。正直な所、焼きそばの味も花火の色も覚えていない。ずっと風に揺れる君の前髪と、浴衣のアサガオを見ていた。もちろんそれは口にしない。まだ付き合って2週間しか経っていないのにそんなことをいうのは不躾だ。気持ちの悪い男だとは思われたくない。

僕達はバス停に向かって歩いている。バスに乗ればそれぞれの家はそう遠くない。時折風が吹き、祭りのあとの匂いを運んでくる。背中は着慣れない…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月18日

作品情報

■君は暑さのせいだと言うけれど、僕はそれだけじゃあないと思う。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

6
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する