完結

創造蟲

ホラー・サスペンス

更新日:2022年4月26日

創造蟲

第1章 第一章

 私は、取材旅行の帰りに以前から気になっていた土地を訪ねることにした。
 梅雨が明けたばかりの空は、どこまでも青く澄み渡り、降り注ぐ陽光は肌に薄い膜を張るように纏わり付き、すでに夏空の顔をしていた。

「ああ、あの祭を見に来たんですか。そうですか、ああ、そうですか、そりゃええですな」

 民宿を代々営んでいるという宿屋の主人は、聞き取りにくい調子で何かをぶつぶつと言いながら、厨房へと続く暗い廊下を行ってしまった。その陰気な雰囲気に、初夏だというのに背筋が薄寒く感じられたものだった。
 いったい何の本で読んだものか、とんと思い出せないのだが、その祭の力は確実に私をこの地に呼び寄せたように感じた。

「あの祭のこと…

もくじ (4章)

  • 第1章 第一章 第1章 第一章

    第1章 第一章

    2022年4月26日

  • 第2章 第二章 第2章 第二章

    第2章 第二章

    2022年4月26日

  • 第3章 第三章 第3章 第三章

    第3章 第三章

    2022年4月26日

  • 第4章 最終章 第4章 最終章

    第4章 最終章

    2022年4月26日

作品情報

とある村の夏祭りに惹かれてやってきた男。
祭に関わる情報が消えてなくなるという学生たちの言葉の上に、自らの奇妙な体験を重ねていくことになる。
そして、最後に見たものとは。

物語へのリアクション

お気に入り

5

読書時間

29分

コメント

38

リアクション

86
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する