完結

R-15

第1章

ミラーに映った自分の姿。
口元を弓形に歪ませ、微笑む。
勝ち誇ったかのように、毎夜、毎夜・・・・・・。


「さぁ、今日も金儲けするか」


遊園地の中にある広場の一角。血のように赤いテントの中で行われるイリュージョン。私の得意なイリュージョンは“瞬間移動”だ。タネなんて本当に簡単、単純。まんまと騙される観客たちに笑いが止まらない。今日もお札を一枚、私に捧げていく人々。本当にアホな奴らだ。


「ウワァァァァーーー!!」

と歓声が上がる中、私は真っ黒なベストに身を包んで舞台に現れる。まばゆい照明を浴び、得意げに右手を掲げると、舞台に出てくる虹色のオーガンジーを纏った美しい娘。その娘は私の指示にあわせ、長細い黒い箱に…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年4月28日

作品情報

鏡の中にいたのはアイツだ。

過去作リメイクです。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

7分

コメント

37

リアクション

24
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する