完結

午後9時のモンスター

更新日:2018年8月3日

午後9時のモンスター

第1章

「俺が異世界勇者って名乗ってる理由?そーだなぁ、勇者ってなんか勇ましいムキムキマンのイメージあんじゃん?でも俺はそーゆーのとは違う、異世界の勇者だって事をいいたかった訳。OK ?じゃあ今夜も一曲歌うぜナカマたち」
そう言って中肉中背の男はギター片手に歌い始めた。
パソコンの画面越しに私はうっとりと彼の歌に聞きほれながら缶ビールをぐいっと飲む。
夜の9時。すっかりこれが日課になってしまった。
彼は『異世界勇者』と名乗り、チャットで投稿者とリアルタイムにやりとりできるサイトの中で弾き語りをしている。
彼の動画を始めて見た時は「何このいけすかないキザやろー」と嘲笑していた。
缶ビールを飲んで少し気持ちが大きくな…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年8月3日

作品情報

『異世界勇者』と名乗る奇妙なアーティストと繋がりを持とうとするモンスター女子の話。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する