完結

そよそよ

恋愛

更新日:2022年4月30日

そよそよ

第1章

「なら、今から俺ん家来れる?」
「うん、わかった」
「どんくらいかかりそう?」
「12分くらいかな」
「12分て笑」
「何で笑うん」
「だって半端じゃん、12分てどれくらいよ」


 足早に家を出る準備をしつつ、私は稜にLINEを返す。
 稜は私の幼馴染で、同い年で、生意気な弟分で、たまに少しだけ頼れる兄のようで、それでいて友達以上恋人未満な、私にとって1番大切な男の子。


 別々の高校へ進学した私たちだったが、家が隣同士ということもあり、高校生になっても互いの部屋で駄弁る関係だった。

 でも、稜はある日、私の隣から引っ越していった。当時の私は非常にぐずった。でも、彼の越した場所は思ったよりもずっと近所で、私の機嫌はすぐに直…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年4月30日

作品情報

12分、歩いた先にあるものは…なお話です
ひこうき雲が残る時間は日によって異なり、諸説ございます

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

4分

コメント

8

リアクション

13

関連作品

このページの内容について報告する