つぼみ

詩・俳句・短歌など

更新日:2022年5月2日

つぼみ

第1章

あなたといられないのなら
私は、
暗い夜空の小さい星でいい
でも、あなたが見上げたとき
一番最初に見つけてくれる星がいい

触れることができないのなら
私は風になりたい
肩にとまり、頬にふれて
あなたを 包んで生きていきたい

話す事もできないのなら
道端の花でいい
あなたが悲しみに俯くとき
精一杯、見上げて
じっと咲いている花になる
けれど、
あなたのその澄んだ心の隅に居られるなら
開かない蕾のままでいい
そっと居られるのなら、
私は咲けない花でいい

そして…
あなたがあなたでいられるのなら
そんな蕾を 知らなくてもいい
あなたの願いが叶うなら
ずっと 私を知らなくていい

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月2日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

1分

コメント

9

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する