完結

私の得意な文体について

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2022年5月2日

私の得意な文体について

第1章

今日はエッセイです。

小説を書くのって、本当に悩ましいですよね。
一生懸命に書けば書くほど悩ましい。

私は1年半くらい書いて、ようやく自分の得意なパターンが分かってきたのですが、そのパターンでは攻略できないお題というか、コンテストというか、ニーズがあって、あるいは頭に浮かんだイメージがあって、自分の手持ちの武器だけで、それでも挑もうか、やめとこうかと悩ましい。

料理に例えるとすごく分かりやすくて、
私は寿司が作れますよ、と、
生魚をさばいて、美味しい酢飯を用意して、サッと握りますよ、と。
寿司を注文してくれるなら、うっとりさせられますよ、と。
しかし、パエリアを注文されると、どうしたもんかな、となる。
魚介…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月2日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

6

リアクション

22

関連作品

このページの内容について報告する