完結

ワンナイトのあとに

ミステリー

更新日:2019年8月26日

ワンナイトのあとに

第1章

携帯が机を震わせる音で夢から覚める。目を半分開けながら音のする方向に手探りで携帯を探すが、その手は虚しく宙を掻くだけである。
そういえば机がいつもの高さではない。ワタルは未だぼんやりと霞む景色をヒントに昨夜のことを思い出していた。
仕事のあとにたまに寄るBAR。店主も今や顔見知りで、独身男子の下心をうまくいなしたり転がしたり、時には頼もしい助っ人にもなってくれる。
そう、昨夜はカウンター席にひとり見慣れない女性が座っていた。




「そういえばこんな状況ドラマで見たことあるな」
そう思いながらミナコは目の前に座る刑事の襟の汚れを見ながら同時に刑事の向こうにある重そうな鉄の扉を眺めた。
「じゃぁあなたはお付き合…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月26日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

12

読書時間

8分

コメント

10

リアクション

173

関連作品

このページの内容について報告する