完結

思い出機能

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2022年5月8日

思い出機能

第1章



 気づけば深夜1時。流石に寝ないとまずいと我に返り、パソコンをシャットダウンする。
 今日こそ早く寝ようと思っていたのに、結局夜更かしを繰り返すのは肌にも悪い。
 しかも折角の休日に脳を絞りに絞っても、からっきしカタチにならなかったことに自己嫌悪気味。

 布団の枕元にスマホを置いて、サッと画面をつける。ほんの一瞬の、連絡・着信チェックのつもりで。

『1年前の今日』

 そんな言葉がいつの間にか本体上部に現れていた。
 何だろう。24時を過ぎたから今日と言うのは5月1日のことだけど。
 わたし何をしてたかな、ちょっと思い出せない。

 その知らせをクリックしてみる。
 写真だ。
 わたしが一年前に撮った写真。

  『ミステリアス・ピカ…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月8日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

3分

コメント

22

リアクション

26

関連作品

このページの内容について報告する