完結

snooze

詩・俳句・短歌など

更新日:2022年5月13日

snooze

第1章

おはようって声をかけられた
少し逡巡して
おはようって声を返した

夢も現も まだ同じだと思っていた 
雲を浮かべて また追いかけて おちていった

目をこすって さがし よんでみた
試行錯誤して
巡りあって よんでもらえた

どこか遠くで またベルが鳴り 響いたなら 
紅く色づいて まだ幼い日 かえれたなら

遊びの終わりを告げる
朝を疎んじて…

漸う白んでゆく 
ようやくしぼんでゆく

それでも もう少し
続けようか うたたね 
お題目すら すでに なくしてしまったけど

止めても 繰り返し
綴るように うた たね
お生憎様 このめ ひらかないと思うよ

それでも もう少し

何度も 繰り返し

欲するままに

欲する分だけを

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月13日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

3

リアクション

12

関連作品

このページの内容について報告する