完結

竹やぶに激しい風が吹く

恋愛

更新日:2019年8月28日

竹やぶに激しい風が吹く

第1章

なにも覚えていない

わたしになにがあったの…

くらい竹やぶの中
わたしは倒れている

薄暗いこの中でキラキラと輝く太陽の薄い光だけがなぜかあたたかい
誰かのもとに帰るんだって感じた


わたしはだれ…
なぜここにいるの
ここはどこ…

なにも思い出せない

なぜかこころも身体もぼろぼろで服も汚れて…
すり傷だらけのわたし

わたし
ここに死を求めてきたのかしら

それとも
逃げてきたのかしら

何日で何時なのかもわからない…
この薄暗い竹やぶの中では
なにもわからない…


ハ …ハ …ハ…
息を切らしてこちらに誰かが
近づいてきた

だだれ!!

りみ…

その人はわたしをにらむように見つめ
苦しそうにそう吐き出した

あなたはだれなの!

りみ…

俺がわからない…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年8月28日

作品情報

気がつくと そこにいた
ただそれだけのこと

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

4分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する