さるさるがさる話

SF・ファンタジー

更新日:2022年5月16日

さるさるがさる話

第1章

実はこっそりと猿を飼っていたのです。
逃げられちゃったんですけどね。賢いやつでしたから。

私の世代は猿に愛着があると思われるのですが、私だけの感覚でしょうか。
孫悟空のイメージが強いのですけど、ドラゴンボールの他にも孫悟空がモチーフのアニメなどが多かったように思います。
西遊記にはときめきポイントが多いのでしょうかね。あらためて研究すべきかもしれませんね。
如意棒と筋斗雲と分身の術。これらすべてを夢見る少年でした。

ある日、裏山に出かけると、木の上からガサガサと音が聞こえてきます。
目を凝らして見てみると、いました、猿が。
「あ、猿や」
と、意味もなくつぶやきました。この言葉でちょっとだけ恐怖感が緩みました。…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月16日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する