完結

うまずたゆまず

青春・学園

更新日:2018年7月28日

うまずたゆまず

第1章 一

 木枯しが、色褪せた落ち葉をかき混ぜる寂れた町。長い癖っ毛を棚引かせながら歩く少女は、ふと立ち止まって空を見上げた。
 大きなビルの屋上で風に揺れる無数のアドバルーン。その一つ一つに、可愛らしく着飾ったアイドルの動画が映し出されている。

──あ、うまずたゆまズじゃん! チョ~可愛い!

──こないだの月面ライブ見た? すごかったよね!

──うまずたゆまズだ。ワールドツアーのチケット、正規ルートでも百万円近くするって、マジか?

──南極ライブならちょっと安くなるかな? あークソ、一生に一度でいいから行ってみてー!

 近くを歩く若者達の、キャッキャとした会話。
 制服スカートのポケットに手を突っ込んだ皆紅(みなぐれない)カス…

もくじ (10章)

修正履歴
  • 第1章 一 第1章 一

    第1章 一

    2018年7月24日

  • 第2章 二 第2章 二

    第2章 二

    2018年7月24日

  • 第3章 三 第3章 三

    第3章 三

    2018年7月24日

  • 第4章 四 第4章 四

    第4章 四

    2018年7月24日

  • 第5章 五 第5章 五

    第5章 五

    2018年7月25日

  • 第6章 六 第6章 六

    第6章 六

    2018年7月26日

  • 第7章 七 第7章 七

    第7章 七

    2018年7月27日

  • 第8章 八 第8章 八

    第8章 八

    2018年7月27日

  • 第9章 九 第9章 九

    第9章 九

    2018年7月28日

  • 第10章 十 第10章 十

    第10章 十

    2018年7月28日

作品情報

人間並の思考能力や感情を持つ世界一のヒューマノイドアイドル・アマネは、自分の寿命があと一年で尽きる事を告げられた。
寿命があと半年になったその日、彼女はアイドルとしての自分に終止符を打ち、夢を叶える為に飛び出した。

物語へのリアクション

お気に入り

6

読書時間

じっくり

コメント

13

リアクション

57
  • 挿絵
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する