完結

今の気持ち

詩・俳句・短歌など

更新日:2022年5月22日

今の気持ち

第1章


花曇り
鳥のさえずり
憂いおび
明日は変わるや
雨のち晴れて



音に訊く
無事な毎日
祈りつつ
やさしい歌の
うららかな釜



五月雨の
受けるみどりの
この世界
慎み深く
正心誠意



(だらだらと止まない雨、その情勢があっても、攻撃されている場所の自然の緑も! みどりのお茶も強靭です。礼記の言葉からの正心誠意なら、上に立つ方が重要でもあると、戦争も他も、解決に向かい、明るい希望の光がさしてくるようにとただひたすらに祈ります)



 三月より色々な事! が世の中でも、自分自身でも起こります。それは昨年末からかもしれません。動いてはいけないと思いつつ、必要迫られ行動して案の定、骨折をしたりしました。不幸中の幸いで歩行は出来、それでも治しながら…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月22日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

18

リアクション

24

関連作品

このページの内容について報告する