完結

時代が早すぎた

更新日:2018年8月2日

時代が早すぎた

第1章

時代が早すぎた
私はあるグループのアイドル
売れないアイドルだから名前は伏せておくわ
きっと2200年に生きていれば大人気で
スポットライトを浴びて生きていたはず
大勢の人に愛されて必要とされていたはずなの
だけど今は2018年だから
誰も私たちを見向きもしない
2200年まであと182年
その時にはシワシワだからアイドルではいられない
だから2018年の今みんなに愛想を振りまきダンスを踊るの
本当はこんな事したいわけじゃないけど
まだ見ぬ2200年に思いを馳せて
今日も私たちは今を生きる

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年8月2日

作品情報

先鋭的すぎるアイドルの哀しみを詩にしました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する