完結

雪白の月

第1章

 屋上のベンチに寝転んで、空を見上げていた。

「まるでタイムマシーンみたいだろ?」

「どちらかっていうと宇宙旅行じゃない?」

 あなたと、そんな他愛もない会話をしていたころを思い出した。
 はらはらと舞う雪は、白色に染まる天の一点を中心に、放射状に降りてきていた。
 焦点をぼやかして全体を見ていると、自分自身はベンチに寝転んで動かないはずなのに、相対的に自分の身体が動き出しては、空に向かって吸い寄せられるような錯覚に陥る。この錯覚が好きだった。
 
 しずしずと舞う雪は、私の顔の前にくると、すっと避けて、きっと私の横にある地面へと吸い込まれていく。
 一方で、避けきれなかった白い粒は、私の頬にあたって。そしてゆっくりと…

もくじ (4章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月25日

  • 第2章 第2章

    第2章

    2022年5月25日

  • 第3章 第3章

    第3章

    2022年5月25日

  • 第4章 第4章

    第4章

    2022年5月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

14分

コメント

4

リアクション

13

関連作品

このページの内容について報告する