完結

田舎の線路

恋愛

更新日:2022年5月27日

田舎の線路

第1章

青い瞳に恋をした。

いつも通りの退屈な日だった。

電車を待つホームで、少し離れた場所に彼女が立っていた。

東京まで特急を使っても2時間かかるこんな片田舎に、ブロンドヘアーでブルーアイの彼女はどう見てもそぐわなかった。

何気なく見ていたら急に彼女がこちらを向いた。

驚いた。

横顔でブルーに見えた瞳の反対側は燃えるような深い赤だった。

こんなオッドアイは見たことがない。

電車が来て彼女が隣の車両に乗ったのを見て、こっそり同じ車両に移動した。

後をつけると
ガランとした車両の端に姿勢良く座る彼女が居た。

青と赤の瞳は真っ直ぐ窓の外を見つめている。

何かに耐えるような、思いを馳せるような。
不思議な感情を滲ませた目をしてい…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2022年5月27日

作品情報

この恋はもえるのか

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

5

関連作品

このページの内容について報告する