完結

outlet

その他

更新日:2019年9月3日

outlet

第1章

九月のはずれ。外のバス停、スクリーンは夜。セミが鳴いている。りーん、と。鈴を転がしたようだ。隣に黒い魔女が座る。美しい人に僕は見えない。揺れるせみは死にそうで、僕を殺す。気づいてはいないのだろうな。僕は殺される。無自覚に殺される。お酒を注げば目は曇るだろうか。信号待ちに12台。色が変わるとすぐきえた。街灯の下、誰もいない。いないなぁ。誰もいないんだよな。バスは来ない。雨だ。



雨。甘い匂いがする。あめのにおいとは違う。ブルーハワイ。ほんの少し甘すぎる。今度はお肉のにおい。

雨が首をしめる。
苦い。




雨の後にせみはいない。赤い、止まります。
隣の誰かのにおい。むせる
また止まった。落ちていく。白い傘をさした…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年9月3日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する