完結

七夕の奇蹟

SF・ファンタジー

更新日:2019年9月9日

七夕の奇蹟

第1章

「内緒だよ…」

お互い名残惜しそうにゆっくりと手を離した。その見慣れた笑顔から目が話せない。それはきっと、また明日も会える、そんな安心感で包まれているから。


時は遡りちょうど1ヶ月前。6月7日、梅雨入りして折り畳み傘が手放せなくなるころ。30歳の誕生日だというのに残業が確定した片桐めい子は、頭を抱えながら自販機でブラックコーヒーを買う。苛立って必要以上にボタンを強く押し込んだため、やや人差し指が痛い。

「まったく、何で定時ギリギリに言うかな。ほんと部長は…」

オフィスのロビーにいることを思い出し、急いで口をつぐむ。幸いにもひと気はなく、心の声を誰かに聞かれずに済んだ。安心しながら缶を取り出す。

「…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年9月9日

作品情報

天使って存在するらしい。背中に羽はなく、地に足つけて隣で微笑むスーツ姿の天使が。

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

じっくり

コメント

2

リアクション

16

関連作品

このページの内容について報告する