完結

『蝦夷手の研究』

SF・ファンタジー

更新日:2019年9月10日

『蝦夷手の研究』

第1章


澤井幸太郎『幻の拳法 其の壱・蝦夷手の研究』 (楼村社・昭和6年)

うーん、まあまあ面白かったです。
これは、昭和初期に少年向けに書かれた本なのですが、まあ、なんというか、人を 食った仕掛けのある本でして、表向きは澤井幸一郎という拳法家(柔術家)が大正の 終わり頃、「蝦夷手」(えぞて)という幻の拳法をもとめて、東北、北海道から樺太、さら には沿海州(現在の中国黒竜江省あたり)まで遍歴するというルポルタージュなわけですが、現在ではその「ノンフィクション」性は否定され、ある種の「奇書」、トンデモ本 として扱われています。

つまり、ノンフィクションの体裁をとった「小説」として読むべき本らしいです。

主人公(作者…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年9月10日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

4

リアクション

7

関連作品

このページの内容について報告する