完結

ダサすぎるラブレター

更新日:2018年8月18日

ダサすぎるラブレター

第1章

「ねえ、何をしてくれるの?」

彼の口ぐせだった。
彼がヒットを打つたび、待っていた私のところに来て彼はそう言った。

「おそろいのアクセサリーちょうだい。」
「手作りの料理作って?」
「あ。本命チョコ欲しい。」
「頬をつねっていい?」
「モーニングコールしてよ。」
「ちゅうして。」

少しずつ。ほんの少しずつ。
恋人のするようなことを頼むようになっていった。

「彼氏と別れてよ。」
「デートして。」
「君の部屋に行きたい。」

私たち恋人じゃないのに。
って抵抗感があったけど、彼のそのお願いは嫌じゃない自分がいた。

「君からのラブレターが欲しい。」

一度も彼から、私のことが好きだと聞いたことはない。
私も彼が好きだといったことは一度…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年8月18日

作品情報

生まれて初めてラブレターを書いた。
書かなきゃよかったって思うくらいダサい手紙で、そんな私は死ぬほどダサい。

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

7分

コメント

4

リアクション

10
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する