完結

「魔術師、読むだけで痩せる本を作ってほしい」

更新日:2018年8月19日

「魔術師、読むだけで痩せる本を作ってほしい」

第1章

「えっ、殺傷系の呪物はちょっと……」

「もうちょっとマイルドなものでない?」

 ある日、すっかり煮詰まった作家が知り合いの魔術師の家へと訪れた。
 魔術師も魔術師で、魔法も使えないのに素っ頓狂な発想ばかりする作家のことは嫌いでなかったから、いつもなんだかんだ相手をしている。
 そういうわけで、今日もそんな、作家のアイデアが持ち込まれたわけである。

「読むだけで痩せる、か」

「そう。楽して身体を動かす本も結局、汗が嫌とか疲れるのが嫌とかで、決定打にはなってないじゃん」

「うーん。本の頁にカロリーを吸わせるとか?」

「できるの!?」

「頁がギトギトになるけど」

「折角だし、何度も使えるのがいいな……」

「使い捨ての方が…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2018年8月19日

作品情報

楽して痩せたいという需要に反し、未だ「楽して痩せる」決め手は開発されていない。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する