完結

市民感情課

SF・ファンタジー

更新日:2019年11月4日

市民感情課

第1章

市民感情課
 
 私は、この市役所に入庁して2年目になる職員です。
 私が配属された部署は、市民課市民感情傾向測定係でした。
 長ったらしい名前なので、市民の人は市民感情課と呼んでいます。正確に言うと、市民課の下にある部署なので、市民感情傾向測定係だけで課ではないので間違いなのです。
 
 今日はこれから当市の職員採用試験に応募する方に、この市民感情課の業務内容について紹介したいと思います。
 そもそも、市民感情課とは何をしているのかというと、当市に設置されている約2,500台の監視カメラと監視カメラに付属したセンサーによって市民の感情を読み取り、市民の皆様の安心と安全を見守っているという部署です。
 
 このセンサー…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年11月4日

作品情報

お題としては、さよなら自由となります。
僕はよく監視社会のことを考えるのですが、これはその入り口みたいな話です。
これがもっと進むと、アニメPSYCHO-PASSのような世界になります。
知らず知らずのうちに直ぐそばまで来ているんでしょうね。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

5分

コメント

0

リアクション

4

関連作品

このページの内容について報告する