完結

僕と彼女が奏でる音

青春・学園

更新日:2018年8月27日

僕と彼女が奏でる音

第1章 1

 いた……!
 また〝あの子〟が、いる!

 譜面に視線を落とし、ギターを抱え直したそのとき、ふと気配を感じて顔を上げたら……。
 いつものあの子が、すこし先でたたずんでいた。
 透きとおった瞳で、こちらをジッと見つめている。

 そこで僕は、彼女にニコッと微笑みかけ、それから目をつむって、すうっと深く息を吸い込み、ゆっくりと吐きだした。

 よし!

 僕は、ゆるやかにギターを爪弾き、昨夜できあがったばかりの新曲を歌いはじめた。
 おだやかな風が吹き渡り、視界の端で彼女のスカートの裾が、ふわりと揺れる。

 数小節ほど歌い終わったところで、おもむろに顔を上げた。
 すると彼女は、相変わらずそこにいて、僕の新曲に耳を傾けていた。

 とても静…

もくじ (6章)

修正履歴
  • 第1章 1 第1章 1

    第1章 1

    2018年8月27日

  • 第2章 2 第2章 2

    第2章 2

    2018年8月27日

  • 第3章 3 第3章 3

    第3章 3

    2018年8月27日

  • 第4章 4 第4章 4

    第4章 4

    2018年8月27日

  • 第5章 5 第5章 5

    第5章 5

    2018年8月27日

  • 第6章 6 第6章 6

    第6章 6

    2018年8月27日

作品情報

彼女は、いつも現れた。
毎週土曜日、ストリートライブを行う僕の前に……。

物語へのリアクション

お気に入り

4

読書時間

21分

コメント

10

リアクション

22
  • 挿絵
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する