ペーパークライシンドローム

その他

更新日:2019年12月2日

ペーパークライシンドローム

第1章

夏靴で雪を踏んだ。さほど足跡は変わらない。裸足が溶けた汚水を飲み込むのか。さすがにお腹を壊したろう。少し震えて。きっと頭を抱えているか。

一昨日まつ毛が腕時計を買った。重いのなんの、ホタテが食べたい。

耳に聞いてもそうはいかない。こちらは水が飲みたいと申す。まぁあいつは鼻がないから、酒でも飲ませて黙らせればいい。

厄介なのは鼻の野郎だ。なんせあいつは鼻が利く。昨日はガソリンを嗅ぎつけたんだ。楽しみにしていたのに取られたよ。

あぁまただよ目が騒ぎだした。あいつはいつも大袈裟なんだ。眩しいだとかからいとか。またそうやってゴミを増やす。そのくせ顔色ばかり伺ってぺこぺこぺこぺこ調子がいいんだ。あれがいいとか…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年12月2日

作品情報

紙粘土症候群

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

1分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する