完結

悪食なり

SF・ファンタジー

更新日:2019年12月13日

R-15

悪食なり

第1章

世界平和が訪れ、早300年がたった。
核など使わずに、自然エネルギーだけで世界の電力は余裕で賄え、燃料などいらなくなり、緑が息づき、排気ガスなどとは無縁になったことにより、徐々に地球温暖化が回復されてきている。

世界は「どんな人のどのような多様性も認める」という世界になってきた。私のいる学校もそうだ。
そんな中では勿論諍いがある。ヴィーガンと肉食主義が最たる例だろう。顔を合わせるだけでいがみ合う。個性も尊重されているからだろう、先生方も介入はしない。私はどちらも食べる雑食だが。
そんな私でも見ていられない人がいる。いつもヴィーガンはおろか、肉食主義や虫食主義の人にも避けられている。

なぜならばその人は…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2019年12月13日

作品情報

悪食悪食・・・ゲテモノ料理・・・
ほう?


注意・・・そんなに怖くないかも

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

6分

コメント

2

リアクション

8

関連作品

このページの内容について報告する