完結

こわいもの

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2019年12月14日

こわいもの

第1章 共感されない苦手なもの

突然ですが、皆さん自分に向けられる感情が善意か悪意か見分けることは出来ますか?

親しい仲であればある程度は分かるでしょう。あるいは相手が明らかな怒りや昂揚で顔を紅潮させているのであれば。

多くの場合、関わりもない他人が持つ悪意を見抜くことは不可能でしょう。そして、彼らの思いが誰に向けられているかすら分からないものでしょう。

なので他人というのは、私に悪意を向けているかもしれないものと言えるのです。もっと被害妄想を膨らませると、確実にどこか悪意を向けているもので、その対象が私かもしれないと思えるのです。関係の無い人物の思いを意に介さずにいられるのは物語の中だけで、私はそういう訳にはいかないのです。だ…

もくじ (1章)

  • 第1章 共感されない苦手なもの 第1章 共感されない苦手なもの

    第1章 共感されない苦手なもの

    2019年12月14日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する